PHP7をCentOSにインストール、、できない!?

PHP

WordPressもPHP7を推奨

WordPressもバージョン4.8(最新版は4.8.2。2017年10月2日現在)からPHP7を推奨しており、本格的にPHP7が導入が進んでいる今日この頃。

私も管理しているVPSサーバにPHP7をインストールすることにしました。

以前のバージョンは破棄

それまで稼働していたPHP5.6を残しつつ、とも考えたのですが、運用上特に問題もなさそうなので5.6は残さないことにしました。

サーバーの環境はCentOS6です。

レポジトリを指定して上書きインストール

レポジトリはまあ登録されているでしょう。さくらのVPSは最初から登録されてるはずです、確か、いや多分。。

WordPressに必要なPHPモジュールも一緒にインストール
# yum install -y --enablerepo=remi,remi-php71 php php-mysql php-mbstring php-xml php-gd php-fpm

と、その前に。

設定ファイルをバックアップしておく

念のため、PHP本体の設定ファイルである「php.ini」と、NginxでPHPを動かす際に必要不可欠なPHP-FPM(参考:【過去記事】WordPressをFascCGI Cacheで爆速仕様にする際の注意点【Nginxインストール編】の設定ファイル「www .conf」をコピーしてどこかのディレクトリに一時保存しておきましょう。

さくらのVPSであれば、それぞれのパスは、
/etc/php.ini
/etc/php-fpm.d/www.conf
だと思います。

これで準備万端。先程のyumコマンドを叩き、PHP7がインストールされ…あれ、、されない!

「問題を回避するために-skip-brokenを用いることができません」と、エラーメッセージが表示される

と、メッセージが出てインストールが中断されました。要求しているphp-commonというパッケージのバージョンと利用可能なバージョンがうんぬんかんぬん…と、いうようなメッセージも見えます。

これは依存関係でコンフリクトが起こっているんだってさ!

まずインストールされているPHPを削除

コンフリクトを起こさないようにするにはどうすればいいか。
それは簡単。どっちかを失くしちゃえばいいのよ!

と、いうことで、PHP7をインストールする前に現在使用しているバージョン(PHP5.6)周りのモジュールをさくっと削除します。

# yum remove -y php-*

さようなら。それからPHP7さんを招き入れます。先程のコマンドを叩きます。

# yum install -y --enablerepo=remi,remi-php71 php php-mysql php-mbstring php-xml php-gd php-fpm

今回は問題なくインストールできました。あとは起動設定諸々です。

php7

設定ファイルの編集忘れずに!

まず初期インストールなのでPHP-FPMの起動設定をしておきます。

# chkconfig php-fpm on

php.iniが初期化されてますので、設定し直します。基本的には以前のバージョンと同じです

date.timezone = "Asia/Tokyo"

default_charset = "UTF-8"
mbstring.language = Japanese

Nginxを利用している場合はPHP-FPMの設定も行います。ここも以前のバージョンと変わっていません。

user = nginx
group = nginx

listen = 【Nginxの設定ファイルに記したソケットへのパス】
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
listen.mode = 0660

【過去記事】WordPressをFastCGI Cacheで爆速仕様にする際の注意点【Nginx設定編】

設定ができたらNginxとPHP-FPMを再起動して完了。

# service nginx restart
# servive php-fpm restart

無事PHP7にアップデートできました。運用中のWordPressサイトも問題なく稼働していました。よかったよかった。

ゼロからはじめるLinuxサーバー構築・運用ガイド 動かしながら学ぶWebサーバーの作り方
中島能和 (著)
¥2,894

(Visited 1,103 times, 1 visits today)